CGIについての解説


CGIとは?

■「CGI」とは、"Pearl"という言語で書かれる、HTMLとはまた異なったプログラムのことです。HTMLは単純に「表示する」ことしかしませんが、このCGIは、プログラムの置いてあるサーバー・コンピュータ(プロバイダーのコンピュータ)に仕事をさせて、インターラクティブな働きをWebページに持たせることができます。

例としては、「掲示板」や「チャット」をWebページに組み込んだり、注文票やアンケートなどを、メールの形式に変換して送信させる「送信フォーム」(下に例があります)が一般的です。

CGIプログラムをHTMLテキストに組み込んでおくことによって、Webページを訪れる人をカウントし、日や週、月ごとのアクセス数や、訪れる人の使用しているプロバイダー名などを解析した「アクセス統計」等をとることもできます。


※CGI設置を許可していないプロバイダーが存在するため、CGIを設置するにあたっては注意が必要です。
 

CGIを使ったフォームの例

ここでは、WEBページを見に来て下さった方に個人情報やアンケート等を入力していただき、その内容をメール形式に変換してWEBページの持ち主である企業やお店のE-mailアドレスに送信させるという「送信フォーム」の簡単な例をご覧いただきます。


アンケート・フォームの最後に設置されているを押しますと、書込まれたすべての内容がE-mailの形式に変換されて送信され、所有者が予め指定したアドレスに届く仕組みになっています。

◆お客様アンケート◆

■氏名:
■ヨミガナ:
■E-mailアドレス:
 
男性 女性
 
■お使いのシステム: 
 
■ご意見・ご要望等、お気付きの点がございましたら以下のボックスにお書き下さい。

 ※これはフォームの例なので、実際には送信されません。


料金設定について

CGIプログラム1つにつき、$300からとなっております。

上記のような送信プログラムの場合は最低料金の$300で制作いたします。

更に複雑な特化したCGIが必要な場合には、プログラムの難易度に応じて料金の方も上がっていきます。

 

 



Top Page


当サイトのすべてのコンテンツやグラフィックの著作権は、ARTIVE に帰属します。
転用や改変・配付は禁止させていただきます。
Copyright (c) by ARTIVE. All rights reserved.