JAVAスクリプトについての解説


JAVAスクリプトとは?

JAVA」というプログラミング言語で書かれているHTMLに組み込み可能な小さなプログラムです。特殊なソフトを必要とせず、NetscapeやInternet Explore上で普通に動きます。用途は様々ですが、以下の例のように、画像に対してアクセント的効果を出すために使われるのが一般的です。

また、その画像がボタンになっていることを示唆する働きや、小さなメッセージやコメントを書いた画像の裏にもう一枚画像を隠しておき、マウスカーソルを持っていくことで表示させたりする効果を出すことができます。Webページを動きのあるものにして見る人の目を楽しませ、インパクトのある、印象に残りやすいページにするには有効な手段と言えます。

JAVAスクリプトの例

Sample1:マウス・カーソルをリンク文字に持っていくと矢印の色が変ります。
トップページへ

メニューに戻る

Sample2:マウス・カーソルを卵に持っていきます。
※このようなちょっとした意外性のある動きは印象に残りやすいです。
Sample3:マウス・カーソルをボタンの上に持っていきます。
※ボタンを押したような効果や、色を反転させたりすることでページのアクセントになります。
Sample4:ステータス・バーにメッセージを流す。

ブラウザーのウインドウの一番下にある「ステータス・バー」にメッセージを流しています。
◆◆◆ステータスバーのメッセージ◆◆◆ JAVAスクリプトを使って、この様にステータスバーにメッセージを流すことがでできます。
と流れていると思います。
文字数と流れるスピードを調節することも可能です。


料金設定について

JAVAスクリプト1つにつき、$240からとなります。

上記のようなスクリプトの場合は最低料金の$240で制作いたします。
(画像は別料金です)

更に複雑な、特化したスクリプトが必要な場合には、難易度に応じて料金が加算されます。

 



Top Page


当サイトのすべてのコンテンツやグラフィックの著作権は、ARTIVE に帰属します。
転用や改変・配付は禁止させていただきます。
Copyright (c) by ARTIVE. All rights reserved.