検索エンジンについての解説


検索エンジンに登録することの必要性

Webページを持ったならば、インターネットの中に存在する、各検索エンジンに登録をする必要があります。

Webページを持っていても、そのことを誰も知らなければ、見に来ていただくことはできません。そこで、欲しい情報を求めてインターネット内を検索することができる「検索エンジン」と呼ばれるWebサイトがあります。不特定多数の人がそれら検索エンジンを利用した場合、そこでの検索に検出されるように、各検索エンジンサイトにWebページを登録しておかなくてはなりません。

登録方法は各エンジンによって異なりますが、

  • URL(Webページのアドレスのこと)
  • Webページの説明文(100文字程度)
  • そのWebページに関連するキーワード(3個〜10個)

等をフォームから書込んで登録作業をします。

日英の主な検索エンジン

日本語の代表的な検索エンジン

| Yahoo! Japan || goo || Infoseek Japan || Japan Open Text || Info Navigator || NETPLAZA || Alta Vista || NTT Directory || OCN Telecom Search || Dragon Next || CSJインデックス || NYPサーチ(企業) || J.O.Y (個人のみ) || URL Search Pro |

英語の代表的な検索エンジン

| Yahoo ! || Google || infoseek || Lycos || excite || AltaVista || HotBot |

総合検索ページ | EASY SEARCH || GALAXY SEARCH || Bingo! |


料金設定について

検索エンジン登録作業は、1エンジンにつき$45です。

各検索エンジンに一括して登録できるサイトというものが存在しますが、実際にはきちんと登録されないことが多いのが現状です。各検索エンジンのフォーム内容に則した書き込み方でないと、満足のいく登録はできません。

当方では、こういった自動一括登録サイトを使用せず、各エンジンに手作業で丁寧に登録していきますので安心です。

 



Top Page


当サイトのすべてのコンテンツやグラフィックの著作権は、ARTIVE に帰属します。
転用や改変・配付は禁止させていただきます。
Copyright (c) by ARTIVE. All rights reserved.